人気記事

スポンサーリンク

機能
401 PV
0

浮気調査アプリは危険!位置情報を調べるには浮気調査用のGPSで

スマホを見る

浮気調査アプリというものをご存知でしょうか。

調べたい相手のスマートフォンにインストールすることで、位置情報や通話履歴などを監視できる、まさに浮気調査にうってつけのアプリです。

しかし、このようなアプリを使うには大きすぎるリスクを背負うことになってしまいます。

浮気調査アプリとは?

今でさえ浮気調査アプリと呼ばれていますが、もともとは盗難や紛失のためのアプリです。

中でも広く知られているのは「ケルベロス」や「Prey Anti Theft」などで、どちらもインストールした端末の位置情報をパソコンなどから監視することができます。

また、ケルベロスは有料アプリだけあり、他にはない機能をいくつも備えています。遠隔操作で写真や動画を撮影したり、音声を録音したりできるなど、浮気している人からすればこれほど恐ろしいアプリはありません。

浮気調査アプリの問題点

手錠

なんとかして浮気を確かめたいというとき、こういったアプリを使うことを考えるかもしれません。しかし、浮気調査アプリの最大の問題点と言えるのが、様々な法を犯すことになるという点です。

例え浮気調査アプリを使って浮気の証拠を得られたとしても、法的な効力が無いばかりでなく、自分が逮捕されてしまう可能性も大いにあります。

不正指令電磁的記録に関する罪

これは、持ち主の電子機器に対して、相手の意思どおりに操作をさせないことや意図に反した操作を勝手に行うことで適応される犯罪です。

第百六十八条の二

正当な理由がないのに、人の電子計算機における実行の用に供する目的で、次に掲げる電磁的記録その他の記録を作成し、又は提供した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

 一 人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録

 二 前号に掲げるもののほか、同号の不正な指令を記述した電磁的記録その他の記録

 正当な理由がないのに、前項第一号に掲げる電磁的記録を人の電子計算機における実行の用に供した者も、同項と同様とする。

 前項の罪の未遂は、罰する。

第百六十八条の三

正当な理由がないのに、前条第一項の目的で、同項各号に掲げる電磁的記録その他の記録を取得し、又は保管した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。

(刑法より抜粋)

例え夫婦であっても、許可なく浮気調査アプリをインストールしてはいけません。

バレなければいいと思っていても、アプリの一覧に表示されたり、通知が来たりして案外すぐにバレてしまう可能性があります。

あくまで「許可なく」使用できないだけであって、「許可があれば」浮気調査アプリを使っても問題はありません。

位置情報を探りたいならGPS発信機

GPS発信機なら、浮気調査アプリと違って合法的に浮気調査することが可能です。

もし車にGPSを取り付けるとしても、車は夫婦の共有財産とみなされるので違法になることはありません。(ただし、他人の車に付けることはできません。)

GPS発信機を使って得られた情報は裁判でも有効ですので、位置情報で浮気調査したいという場合はアプリではなくGPS発信機を使ったほうが安全と言えるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





*



TOPへ