人気記事

スポンサーリンク

コラム
517 PV
0

GPSの精度は場所によって毎回違うって本当?

GPSは取得した位置の精度を表記します。
位置の精度は様々なものに左右されて割り出され、毎回異なります。

以下の内容に左右されます。

  • 取得日時
  • 取得場所
  • 周辺環境
  • 通信環境等
  • 天候
  • 気温

これらに左右され精度が割り出されます。

GPSの精度とは

GPSの金額によっても精度も精度表記も変わる

GPS端末によっても精度は異なります。
安価だと毎回それなりの精度となり、高機能だとズレを軽減します。

この精度の表記は大変重要で、取得結果と精度を比べてどの辺りかというのを判断する手がかりとなります。
精度がいい加減だったり、表記が簡単なGPSは位置の正確性に欠けるGPSです。

精度表記は以下のように異なります。
この3つの例の中で一番正確性のあるものはどれでしょうか?

例1 : GPS-Aの精度表記
50m以上・100m以上・300m以上・500m以上

例2 : GPS-Bの精度表記
★★★良い
☆★★普通
☆☆★悪い

例3 : GPS-Cの精度表記
◯m(1m単位から表記)

答えは3です。
もちろん、1、2の表記をするGPSも存在します。

現在位置の住所と一緒に精度も表記される際に、どのように表記されるのが一番分かりやすいかを考えれば、
この精度表記がどれだけ重要かが分かりますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





*



TOPへ