人気記事

スポンサーリンク

用途
554 PV
0

<マラソン・お祭り>各種イベントでGPSを使って位置確認や位置公開

マラソンやお祭りといった大規模のイベントでは現場の管理が大切だ。
会場の配置やスタッフの配置、また来場者のルートの確保にも気を配らなければならない。
一つでも欠けるとイベントが失敗してしまう。

近年のイベントにおいて現在位置の把握は必須項目

近年ではイベント運営の管理を目的としてGPSが利用されている。
配置しているスタッフに持たせたり、イベントカーに設置しておけば今どこに居るかがすぐにわかる。
何かあった時に現在位置を確認できるので大変有効だ。

お祭りのお神輿にGPSを設置して位置公開

例えば以下の様な用途で活用される。

  • お祭りのお神輿のルート確認
  • マラソンランナーの現在位置確認、最前と最後尾の把握
  • イベントのテレビ中継でカメラの位置確認
  • 選挙カーのリアルタイムルート情報
  • イベントカーのリアルタイムルート情報

スマホやSNSの普及で、リアルタイムの情報交換は日常的になっている。
イベントにおいても『今どこに何をしているか』をいちはやくお知らせできるかが成功の鍵となっている。

現在位置の公開でより効果的な集客を

GPSの現在位置をホームページやSNSで公開することで、より多くの集客を見込むことが期待できる。

お祭りのお神輿の現在位置を公開
町内会を一周するようなお神輿の場合、お神輿が現在どのルートを周っているのかを把握するのは難しい。
お神輿を見たくてもなかなか見つからないことが多い。
そこで、ホームページ上でお神輿の現在位置を公開することにより、一般の人がより参加しやすくなる。

選挙カーやイベントカーでの現在位置公開
全国を一周するイベントカーの場合、毎日のルートを随時公開することで宣伝になる。
同様に、選挙前にあらゆる地域を走行する選挙カーも現在位置を公開することで大きな宣伝効果となるだろう。

このように、不特定多数に位置情報を公開することで利用用途は多気に渡る。
利用事例: 各種イベント、マラソンGPS

スポンサーリンク

スポンサーリンク





*



TOPへ