人気記事

スポンサーリンク

用途
843 PV
0

営業車はGPS発信機で管理する時代に

営業車を多く所有する企業では、GPSで管理を行っているそうだ。

ルート管理や営業先までの効率化、サボり防止等の様々な現状把握のために大いに活用できる。
営業車1台ごとにGPSを設置することによって、営業管理はもちろん、営業車の不正利用や盗難防止にも繋がる。

GPSで営業車管理する際の問題点

セコムのような検索型のリアルタイムGPSを営業車に設置している企業も多くあるが、その大半は緊急用となっており活用されていないのが現状だ。
何故かと言うと、複数台の営業車を管理している企業の場合、営業車の現在位置を1台1台確認するのに相当な手間を要しなければならないというデメリットがあるからだ。

GPSの位置情報を確認するためには画面にログインをする必要がある。
しかし、複数台を確認するためには1台1台ログインしなければならず、全車両の位置を確認するのに壮大な時間がかかってしまう。

複数台の営業車の管理も最新型GPSで簡単に

1台1台ログインして検索・・・現在位置が表示されたらまたを検索を繰り返す・・・というようにものすごく手間のかかる作業だった。

その点、GPSnextは複数台を一つの画面から閲覧出来る為、全体の位置の把握が一目で可能だ。
これでかなりの時間短縮となる。
地図上で表示される為、閲覧する側にも分かりやすい。
また、各営業車が移動しているか停止しているか等も合わせて確認できる。
また、複数のパソコンやスマホ等から閲覧可能なので、オフィスから、出先からでも居場所を確認出来る。

トンネル

営業車の現在位置を随時確認出来る為、かなりの効率化が見込まれ、業務がより円滑になることが期待できる。
また、サボり防止や営業車の不審利用なども避ける事ができる。

自動追跡型GPSは自動で位置を取得する為、後日履歴の抽出を行ったり前日の動きをまとめて閲覧等も可能だ。

タクシーの配送管理やバスの管理等にも対応可能である。
同時に盗難防止の役割にもなる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





*



TOPへ